江戸時代の時刻・時間

江戸時代の人々の時間時刻に対する概念は、現代人ほど正確に拘る必要は無かったようです。
時間の数え方も、太陽が昇り、そして沈むことが生活をしていく上での一番の目安となっていました。

江戸時代の時間・時刻表

江戸時代の時間の数え方

江戸時代の時間の数え方は、冬と夏とでは、昼と夜との長さに幾分かの違いはあったようですが、時代劇の中では、およそ現在の二時間を一刻としており、明け六ツから一日が始まり、朝五ツ、朝四ツ、昼九ツ、昼八ツ、昼七ツ、そして暮れ六ツ、夜五ツ、夜四ツ、暁九ツ、暁八ツ、暁七ツそして再び一日の始まりとなる明け六ツとされていました。所謂、不定時法と呼ばれる時刻の数え方です。

不定時法と時の鐘

不定時法とは、「明け六つ」が日の出のおよそ四半刻前(約三十分)、「暮れ六つ」が日没のおよそ四半刻後(約三十分)と定め、昼を六等分、夜を六等分した時間の数え方でした。ですから一刻の長さも昼と夜、夏と冬という季節では随分差が出るのは至極当たり前のことでした。しかし、江戸時代の人々の生活、生業のほとんどが、太陽が昇ると共に始まるのですから、「不定時法」が当時の一日の時間の数え方としては、理にかなっていたと言えます。そして、江戸の人々が「時間」を知るには、江戸城での登城時に打たれる太鼓を基準に打たれた「時の鐘」、最初に三打ちした後に其の刻の数だけ鐘を打つ鐘で時刻を確認していました。

■江戸時代の暦〜年中行事〜二十四節気■

■大江戸絵巻■

本サイト内に掲載のすべての文章、イラスト、写真画像は転載複製禁止
Copyright©2013 大江戸絵巻. All rights reserved.